管理業務を委託|アパート投資を行なう際に気をつけることについて

アパート投資を行なう際に気をつけることについて

管理業務を委託

メンズ

管理会社を比較する

サブリース契約は業者に借り上げてもらいオーナーは一定の賃料を受け取ります。同じように管理を委託する場合でも一般管理契約と比べてオーナー側が得られる家賃収入は少なくなりますが、一定の家賃収入が保証されるので空室率が高くても収入は減らないので安定した家賃収入を得られます。サブリース契約を結ぶ時の条件は物件の様々な条件から判断して決められますが、業者から支払われる賃料は同じ物件でも業者によって変わってきます。サブリース契約を結ぶとき少しでも良い条件の業者を選ぶには見積もり額を複数の業者に出してもらい比較すると良いです。インターネット上で簡単に見積もりを出せるサービスもあるので利用すると業者選びに便利です。

リスクが低いから人気

同じマンションやアパートを経営するにしても管理業務を全て自分で行ったり、一般管理契約にしておいた方が家賃収入を多く得られるので利率上げる事だけを考えるなら管理を委託する場合は一般管理契約の方が良いと言えます。しかし不動産経営は初期費用がある程度かかるために見込んでいた収入が入らない事は大きなリスクです。サブリース契約を結ぶ事で利率は落ちても業者側から一定の決められた賃料が支払われるため費用の回収と利益を安定的に出すという点では優れているためサブリース契約はマンションやアパートのオーナーから需要があるのです。特にローンを組んでマンションやアパートを購入した場合は見込まれる収入が入らなくなるとローンの支払いが滞る危険があるのでサブリース契約を希望するオーナーが多いです。